地方公会計標準ソフトウェア(活用機能)のリリース及び各種資料の更新について(必ずお読みください)

地方公会計標準ソフトウェア(活用機能)をリリースしました。地方公会計標準ソフトウェア(活用機能)は、「地方公会計標準ソフトウェアダウンロード」画面からダウンロードできます。なお、「地方公会計標準ソフトウェアダウンロード」画面の閲覧には、地方公共団体からの申請により、地方公共団体向けに払い出したユーザ名(ユーザーID)及びパスワードが必要です。本ユーザ名(ユーザーID)及びパスワードの払い出し申請については、地方公共団体情報システム機構ホームページをご参照ください。
地方公会計標準ソフトウェア(活用機能)のリリースと合わせて、インストール手順書を更新しました。2016年3月24日までWebサイトに公開していた地方公会計標準ソフトウェアと今回リリースした地方公会計標準ソフトウェアのダウンロードファイルは内容が異なっており、今回公開したインストール手順書は、今回リリースした地方公会計標準ソフトウェアのダウンロードファイルにしかご使用いただくことができません。そのため、2016年3月24日までWebサイトに公開していた標準ソフトウェアをダウンロードした団体様も、まだインストールを実施していない場合は、必ず再度標準ソフトウェアをダウンロードしてください。また、2016年3月24日までWebサイトに公開していた地方公会計標準ソフトウェアすでにインストール済みの場合は、リビジョンアッププログラムをダウンロードし、バージョンアップ手順書のとおり、バージョンアップ作業を実施してください。(その他注意事項があるため、「標準ソフトウェアダウンロード」画面をご確認ください。) 

また、以下のとおり、標準ソフトウェアに関連する各種資料を更新しました。各種資料は、「導入マニュアルダウンロード」画面からダウンロードできます。

 ●新規で公開する資料
  ・操作手順書(統合版)
  ・共通機能操作手順書(マニュアル)
  ・活用機能操作手順書(マニュアル)
  ・活用機能操作手順書(動画)
  ・バージョンアップ手順書

 ●すでに公開済みで更新した資料
  ・ソフトウェア機能概要説明書
  ・固定資産台帳機能操作手順書(マニュアル)
  ・固定資産台帳機能操作手順書(動画)
  ・財務書類作成機能操作手順書(マニュアル)
  ・財務書類作成機能操作手順書(動画)
  ・システム運用マニュアル案
  ・インタフェース仕様書
  ・システム仕様書
  ・インストール手順書